病院or通販、バイアグラを購入するならどっちがいいの?

EDの治療薬として有名なバイアグラの入手方法は2つあります。
病院と通販がその2つの方法ですが、ココで問題になるのはどちらを選択すべきかということ。

自分にとって最適な手法を選択するためにも、このページではそれぞれの手法ごとによるメリットやデメリットを紹介していきます。

「病院」のメリットは変えがたい安心感

バイアグラの効果を保証する医者バイアグラは医薬品です。
当然、ドラッグストアに風邪薬や胃薬と同じようには並んでいません!
きちんと病院へ行って診察を受けてバイアグラを処方してもらう必要があります。

そのため、気軽さという面では通販に劣りますが安心感という面では勝っています。

バイアグラの処方は基本的に何科でもOKですが、薬を処方してもらうだけじゃなくてしっかり治療したい場合には泌尿器科かED専門外来を利用しましょう。

そうした場所であれば、専門の医師による診察を受けることができるので、自分がどういったタイプのEDであるのかを把握することができます。
更に、バイアグラを服用しても問題ないかだったり、バイアグラの正しい服用方法などについても医師から詳しい指示を受けることができます。

通販の場合は、そうした部分は全て自己責任において調べる必要があるためある程度、薬の使い方などを把握している必要があります。

病院ではどんな診察をするの?

患者に説明する医者初めてED治療で病院へ行くとなれば、気になるのは診察内容。

ペニスを見られたり触られたりするのではないかと不安になることもあるでしょう。

しかし、実際には見られたり触られたりすることはなく問診だけで済むことのほうが多いです。

・いつから症状を感じているか?
・どの程度EDなのか?
・性行為の頻度は?
・服用中の薬はあるか?

といった事が聞かれます。多少答えにくい内容もあるかもしれません。
しかし、どの質問もED治療には必要なことなので正直に答えましょう。

通販は最近多くの人が利用している

個人輸入代行で購入する普通、医薬品は通販で購入することはできないですが、個人輸入の場合は話が別です。
個人の利用を目的として輸入することは認められているので、バイアグラが必要であればバイアグラを輸入することでバイアグラを手に入れるために必要になる費用を抑えることができます。

ただ、海外からの輸入には、さまざまな壁があります。

・言語の壁
・法律の壁

と詳しくない人にとっては非常に高い壁が2枚も連なっているわけです。

そこで役立ってくれるのが個人輸入の代行サービスになります。
個人輸入代行では言葉や法律の壁を気にせず、面倒な手続きを全て代行してもらう事ができるので、とても楽なのです。

更に、個人輸入代行サービスではED治療薬以外にも色んな医薬品を取り扱っていて、病院へ行かなくてもさまざまな薬だけを手に入れられるようになっています。

通販で病院のデメリット解消!?

病院を利用すれば、専門的な知識を持った医師から用法用量の説明を受けたり、安心してED治療を進められます。
しかし、EDクリニックへ行くのが恥ずかしかったり、できる限り自分がEDであることを知られたくないというのが本音ではないでしょうか??

通販(個人輸入)を利用すれば、わざわざ病院へいく必要がなくなるので他人に知られることはありません。

最近ではプライバシーを配慮したEDクリニックも多いですが、それでも誰かに会ってしまう確率は0%ではありません。

通販の場合は、自宅に一人でいるときにこっそり注文できますし、バイアグラを受け取るときも中身はわからないように梱包されています

また、商品が自宅に届くこと自体が都合が悪い場合であっても、郵便局留めで家に届かないようにして受け取ることも可能です。

通販にだけある安さというメリット

また、通販を利用することで得られるメリットがもう一つあります。そのメリットとは「安さ」です。

国内の病院でバイアグラを処方してもらう場合、1錠1,500~2,000円程度します。
最近ではバイアグラのジェネリックも取り扱われていますが1錠1,000円前後します。
当然、上記の薬代以外にも診察費用や検査費用も必要になるため、想定以上に高くなることも少なくありません。

しかし、通販サイトでは1錠200~500円で販売されています。
当然、通販の場合は診察費用や検査費用も発生しないので、かなり安く購入が可能となっています。

バイアグラの個人輸入についてはこちらのページでもっと詳しく紹介しているため、あわせてお読みください。

オススメページ