知っていれば怖くない!バイアグラの副作用とその対策とは?

みなぎっている男バイアグラを飲めば、萎れていたムスコも元気になってくれます!まさに、バイアグラはEDに悩む男性にとっては救世主なのです。

バイアグラを飲むことで血管が拡張され、全身の血液が循環します。その血液はペニスにも流れ込み、しっかりとペニス内部にある海綿体で受け止めてくれます。

こうすることで勃起という現象が起こりますが、血行が良くなることによって勃起以外の作用が起こることもあります…

バイアグラに限らず、どんな医薬品でも服用すれば副作用が起こるリスクはあります。

ただ、バイアグラの場合には個人差があるものの副作用が起こりやすいと言われています。そのため、服用する際には十分副作用のことを考慮しましょう。

どんな症状が起こるのか?

副作用で頭痛の男バイアイグラにも当然副作用のリスクがあります。もちろん、中には副作用を感じなかったという方もいますが、服用した多くの方が副作用を感じています。

症状が起こるかどうかは体質や体調にもよりますし、どんな症状が起こるかは実際に服用しなければ分かりません。

多くの方が感じる副作用の症状には、めまい、頭痛、ほてり、充血等が挙げられます。

これらの症状というのは血流が良くなることで発症します。上記に挙げた症状はどれも顔に生じていますが、動悸や胸痛などの顔に限らず全身に症状が起こる可能性があります。

副作用はいつまで続くのか?

副作用を指摘する医者副作用が起こるかどうかは服用してみなければなりません。ただ、一度出た副作用が治まらなかったらどうしよう…。そう考えてなかなか飲めない方もいるかもしれませんね。でも、バイアグラの副作用は長期的に続くわけではありませんし、後遺症が残るようなこともありません。

副作用は、薬の効果がある間しか起こりません。そのため、バイアグラの効果がきれるとともに副作用も治まります。よって、副作用が続くのは長くて5時間程度です。

ちなみに、バイアグラの効果と副作用の発症は比例しますので、服用後30分くらいから副作用がでるかもしれない、と憶えておきましょう。

副作用の強さは?

患者に説明する医者バイアグラを飲んで発症する副作用は人によって違います。また、それと同時に症状の強さにも個人差があります。

ただ、「セックスどころではない!」というほど強い副作用を感じる人は少ないです。

セックスに集中できない事はあるかもしれませんが、我慢できないほどではないので安心して下さい。

しかし、中にはどうしても副作用が辛い、何も出来ないほど痛みがある…という場合もあるでしょう。そういった場合には、無理せずに病院へ駆け込みましょう

副作用の頭痛は〇〇で解消できる!

ロキソニンバイアグラを服用した方の多くが「頭痛」を感じています。頭痛は血管が拡張され、血流が良くなることで起こる症状ですが、鎮痛剤を服用すると頭痛は軽減されます。

鎮痛剤はドラッグストアや薬局で販売されている市販のもので問題ありません。有名な鎮痛剤でいえば「ロキソニン」でしょうか?ロキソニンには抗炎症作用があり、頭痛を軽減させる効果があります。

しかし、ここで一つ問題があります。それは、「バイアグラは空腹時に服用する必要があるものの、鎮痛剤を空腹時に服用すると胃が荒れる」ということです。

空腹時にロキソニンを服用すると胃痛する恐れがありますが、食後にバイアグラを服用すると効果が下がる…。

じゃあ、どうすればいいのか!?と思いますが、胃が弱い方は鎮痛剤を服用する際に一緒に胃薬を服用すると胃が荒れにくくなります

薬の服用量を少なくする

バイアグラを服用する男また、頭痛を回避する際に鎮痛剤を一緒に服用する方法以外に、副作用を軽減させる方法があります。

それは、薬の服用量を少なくすることです。

有効成分を多量に摂取すると、その分副作用も強く現れます。そのため、副作用を回避するためにはバイアグラの服用量を減らすと症状は軽減されます。

もちろん、その分効果も低くなりますが、効果は感じるものの副作用は感じないという適量を見つければ体に負担を掛けることなくEDを克服できます。