バイアグラの相場!通販と病院ではこんなに差がある!

バイアグラのパッケージバイアグラを医療機関で処方してもらう場合にかかる費用はどの程度になるのでしょうか。

風邪などで病院治療を受けた場合にかかる費用は1,000~3,000円程度で診察から薬の処方まで全てまかなえることが多いでしょう。
もちろん、症状や病気の種類によってかかる費用は変化しますが、多くの場合は上記のそこまで高くない費用でしょう。

では、ED治療を行うために病院へ行った場合にかかる費用はどの程度になるのでしょうか。
実はバイアグラを病院で処方してもらいにいった場合、かかる費用は10,000円以上になることもあるんです。

なぜバイアグラがこんなに高いの?

バイアグラが高い理由を指摘する医者バイアグラは、病院やクリニックで処方してもらえます。

が、処方してもらう病院によって価格も大きく変動していきます。なぜ病院で処方してもらうのにここまで金額が大きく違うのでしょうか。<

なぜバイアグラがこんなに高いの?

lass="red">「自由診療」だからです!

自由診療とは、健康保険が適用されない診療のことを指します。
本来、体調不良で病院を訪れた場合、健康保険が適用される治療である保険診療を受けます。
保険診療の場合、治療費の負担は3割となっています。
ですから、上記で挙げた風邪の治療にかかっている費用の1,000~3,000円は3割の費用というわけです。

ただし、EDの治療はこうした保険が適用されませんので、治療費は全額負担しなければなりません。
更に、自由診療の費用は病院側が自由に設定することができるようになっています。

そのため、処方してもらう病院によって診察費用やバイアグラの料金が変化してくるわけです。

気になるバイアグラの金額は1,300円~

医者による処方箋保険が適用されないED治療は、実際に病院へ行くとどのくらいの金額が必要となるのでしょうか?

自由診療であるED治療ですから、利用する医療機関でも変化します。
しかしながら、相場というのも合ったりします。

相場からかけ離れた高さの費用が必要になる医療機関でバイアグラを処方してもらうのは大変ですし、そうした所で処方してもらおうと考える人は少ないですから価格は相場価格に落ち着いていくわけです。

現在、日本で処方されているバイアグラ25㎎と50㎎の相場は、25㎎で1,300円前後、50㎎で1,500円前後となっています。
ただ、医療機関によっては1錠2,000円を越えることもあるため、利用するクリニックで事前に費用などを確認しておくことがオススメです。

薬代以外にも必要になる費用がある

患者に説明する医者バイアグラを処方してもらいに病院へ行く。
ただ、その場合には薬代の他にも費用がかかってくることを忘れてはなりません。

例えば、EDであるかどうかの検査を行う必要があるので検査費用が必要になったり、初めて診察を受ける場合には初診料
初めてでなくても、診察を受けた後

気になるバイアグラの金額は1,300円~

当然、これらの診察費用や検査費用に関しても全て自由診療の扱いとなるため、かかる費用は病院によって変動します。

ですから、バイアグラの料金自体は安くても、診察費用などの方が高くなっているというようなこともあるので、十分に注意して利用するクリニックを選択するようにしましょう。

ED専門のクリニックなどであれば、診察料が無料になっているところもあります。
しかし、その数はまだ多くないのが現状です。

どこの病院でもバイアグラを処方してもらうことは出来ますが、金額が大きく変わってくるので、必ず病院へ行く前には金額を調べておきましょう。

バイアグラを安く手に入れるなら?

個人輸入代行で購入する病院でバイアグラを処方してもらうのは医師からの説明を受けたり、併用禁忌を使っていないかといった面で安心できます。
しかし、必要になる費用が大きなネックとなってしまいます。

ED治療といっても基本は薬をつかった対症療法ですから、薬を安く手に入れることができれば負担を大きく抑えられます。

そこで、バイアグラを安く手に入れる方法をお教えしましょう!その方法とは「通販」です

通販といっても個人輸入代行となりますので、海外の医薬品をネットから輸入するのを代行してもらうサービスになります。

輸入やその代行というと、なんだか難しいように聞こえますが、個人輸入代行サイトは日本語表記ですし、購入の手順も通常の通販サイトと変わりません。そのため、一般的な通販サイトを利用するようにバイアグラを手に入れられます!

バイアグラジェネリックだと更に安く

バイアグラのジェネリック、カマグラ薬代以外にも必要になる費用がある/2017/08/013.jpg 400w, http://xn--cckdb1cwj8a4ja.xyz/wp-content/uploads/2017/08/013-300x225.jpg 300w" sizes="(max-width: 400px) 100vw, 400px" />個人輸入代行と呼ばれる通販サイトで購入できるバイアグラは、日本の病院で処方してもらうよりもかなり安くなっています。

処方と輸入でどのくらい金額が違うのか?というと、処方してもらう場合だと1錠1,500円程度であるのに対し、輸入の場合は1錠1,200円程度

300円しか違いがないと思いますが、1錠でこれだけ違うわけですから10錠で3,000円と薬の数が増えるとその違いが地味に大きくなります。

とはいっても、そこまで大きく安くなるわけじゃないようにも見えますよね。

ですが、通販であれば診察料や処方せん料は不要ですし、交通費もかかりません!
そのため、薬以外の部分でかかる費用も全てカットできるわけです。

更に更に!通販サイトではバイアグラのジェネリックも豊富に取り扱っています。

例えば、通販サイトで取り扱われているバイアグラジェネリックの中でも有名なものの価格は

・アスランス20mg・・・約190円

・カマグラ50mg・・・・約460円

・ハードオン100mg・・・約260円

となっています。

ジェネリック医薬品はバイアグラと成分は同じなので、価格が安くても効果・効能は変わりません。
バイアグラというブランドを重視する方で無ければ、断然通販でジェネリックを使うのがお得というわけです。

まとめて購入できる

バイアグラを病院で処方してもらう場合、処方してもらう量に関しては希望を聞いてもらうことができる場合もありますが
基本的には医師の一存になります。

病院でもある程度まとめて処方してもらうことは可能ですが、せいぜい10錠程度しかもらえません。
ですから、比較的短いスパンで病院へ足を運び処方してもらう必要があります。

当然、足を運んで処方してもらうたびに診察費用や交通費なども必要になるので、負担はどんどんと膨れ上がります。

少しでもお金をかけずにEDを克服したいと考えている方は、断然通販を利用してバイアグラを購入するのがお得になります。

関連ページ

バイアグラジェネリックだと更に安く

まとめて購入できる

関連ページ