バイアグラよりもお得?バイアグラジェネリックとは?

バイアグラのパッケージバイアグラはEDの症状を解消してくれる画期的なお薬です。セックスをする前に飲んでおくだけで驚くほど元気になってくれます。

ただ、種類にもよりますがバイアグラは1錠1500円前後します。これは決して安い金額ではありません。1回勃起させるために1錠服用するわけですから、1回のセックスで1錠と考えれば…中々頻繁には飲めないですよね。

しかし、飲まなければ勃起が出来ない!!

そんな歯がゆさを解消してくれるのが「ジェネリック医薬品」の存在です。ジェネリック医薬品を利用すれば、バイアグラの半額以下で購入することが出来ます

……でも、「ジェネリック医薬品」ってどんな薬なの?
(聞いたことはあるけど、よくはわからない)

そんな方たちのために、このページではジェネリック医薬品のことを詳しく紹介していきます。

薬の種類を知っておこう!

ジェネリックについて解説する医者ジェネリック医薬品について説明する前に、まず医薬品にはどんな種類があるのかお教えします。

医薬品と呼ばれるものには大きく2種類に分けることが出来ます。

まず、薬局やドラッグストア、国内の通販で購入できる医薬品があります。それらは「一般医薬品」とよばれ、医師の処方が不要なお薬です。

次に医師の処方が無ければ購入することの出来ない医薬品があります。それらは「医療用医薬品」と呼ばれ、こちらは医療機関へ受診しなければもらえないお薬です。

「新薬」と「ジェネリック医薬品」の2種類

また、医療用医薬品には「新薬」と「ジェネリック医薬品」の2種類に分けることが出来ます。

新薬とは新しく開発された医薬品で、新薬が販売されるまでには膨大な費用と時間がかけられています。

この新薬には特許があり、一定期間は独占して販売できる権利が与えられます。ただ、特許が切れると他の製薬会社も新薬の同一成分で医薬品を製造・販売することが出来るようになります。こうして作られた医薬品こそジェネリック医薬品になります

ここから具体的にジェネリック医薬品についてご紹介していきます!

ジェネリックとバイアグラはほぼ同じ!?

バイアグラのジェネリック、カマグラ先程も書いたように、ジェネリック医薬品は新薬を元に製造されたお薬となります。

そのため、有効成分、用法用量、薬の効果などは同じです。つまり、バイアグラもバイアグラジェネリックも中身はほぼ同じということです。

では、一体何が違うのか?

当然、バイアグラとバイアグラジェネリックは全く同じ医薬品というわけではありません。有効成分、用法用量、薬の効果は同じでなければなりませんが、薬の名前、形状、色、味などは変えて製造しても問題ありません。

そのため、見た目は全く違っていても、得られる効果は同じなので安心して服用することが出来ます

どんなバイアグラのジェネリック医薬品があるの?

カマグラゼリーバイアグラのジェネリック医薬品は非常に多くの種類があります。

元々のバイアグラ(新薬)は、青いひし形をした錠剤ですが、ジェネリック医薬品には、錠剤の他にも経口ゼリー、発泡錠、チュアブル、トローチなどがあります。

形状は全く違いますが、どれも有効成分は「シルデナフィルなので、ちゃんと勃起をサポートしてくれます。

ジェネリックを選ぶメリット

新薬とジェネリック医薬品はどちらが良いのか…?もちろん、どちらもほとんど変わらない効果・効能なのでどちらを選んでも大差ありません。

でも、メリットが多いのは断然ジェネリックです!!その理由は2つあります。

安い

なんといってもジェネリック医薬品は安い!医薬品の種類にもよりますが、新薬に比べて3~7割程度安いです。バイアグラの場合、1錠で1500円ほどしますが、ジェネリックであれば1錠200~500円程度です。

もちろん、安いからといって効果が薄いということはありません。むしろ通常のバイアグラより強力な場合もあります。

安さの理由は、コストをかけずに製造できているからです。新薬の情報を元にして製造されているので無駄な費用がかからず、安く提供できているというわけです。

飲みやすい

バイアグラとジェネリックは有効成分が同じです。ただ、形状は同じである必要はないので、ゼリーやトローチなどもあります。

錠剤が苦手…という方も居ると思いますが、ジェネリックであれば自分の飲みやすい形状を選ぶことが出来ますので、抵抗なく服用できます。

副作用が少ない

全てのジェネリックが「副作用が起こりにくい」というわけではありませんが、種類によっては有効成分の配合量が抑えられているので副作用が起こりにくいです。

病院では種類が少ないのでご注意を…

個人輸入代行で購入する最初に「新薬には特許期間がある」とお話しましたが、この特許期間は20~25年間と定められています。

現在、日本国内でED治療薬のジェネリックがあるのはバイアグラのみとなっていますが、種類がたくさんあるわけではありません。

そのため、いろいろな種類の中からバイアグラジェネリックを選びたいということであれば個人輸入代行サイトを利用するようにしましょう

関連リンク