どうしてEDになるの?4つの原因タイプ

EDの4つのタイプを紹介する医者EDは歳を取れば、誰もがなるもの。そのように考えられていました。
もちろん、その考えは間違いではありません。年齢を重ねる事で体の機能が低下することで、勃起しづらくなったりEDになってしまうケースは珍しくありません。

ですが、EDの原因というのは老化以外にもあると言われています。現在では老化以外のEDになってしまう原因も究明されてきています。
EDになってしまってからはED治療を用いて治療を行うしかありませんが、EDになってしまう前にEDの原因を把握しておくことで
EDになってしまうのを未然に防ぐといったことも可能です。

こちらのページではそんな、EDになってしまう原因について紹介していきますので、ED予防に是非お役立てください。
また、既にEDであるという方も、別の原因によって更にEDの症状が悪化するケースもあるので既にEDだからといって安心できるわけではありません。。

EDの原因は大きく分けて4つ

老化以外でEDとなってしまう原因は4つあります。
一つだけではないので、様々な部分で適切に対策を行う必要があります。
また、原因によってEDの治療法が変化する場合もあるので、EDとなってしまった場合にはその原因を把握するためにも
EDの原因について知っておくことは非常に有益といえます。

障害が原因となる器質性EDとは!?

EDの原因である器質性EDは、血管や神経といった身体的な部分での
血管や神経など身体に障害があることで発症するEDです。

器質性のEDは高血圧や糖尿病などを患っている方に発症しやすくなります。また、心臓や血管に疾患がある方だったりペニスの海綿体が損傷しているような時にEDを引き起こす恐れがあります。

特に、高血圧や糖尿病などは、生活習慣が大きく影響しているため日常生活が非常に大きく影響していると言えます。

不規則な生活や運動不足、偏った食生活や喫煙など…がEDを引き起こしてしまうので、日頃から健康的な生活を心掛けるようにしましょう。

心因性EDのEDは気持ちが原因!?

心因性EDとは、その名を見てもわかるように、心が原因となっているEDとなります。

実際に原因となっているのは、過度なストレスや大きなプレッシャー、強いトラウマなど精神的に非常に大きな負担がかかったことが原因となっているのです。

身体的な機能

EDの原因は大きく分けて4つ

無かったりします。
しかし、いざ性交渉というような時には、大きなストレスやプレッシャーに見舞われてしまい、興奮よりも精神的な負担の方が大きくなってしまい、結果的に勃起することができません。

器質性EDの場合、長い不規則な生活習慣などが原因となるため、器質性EDに悩む人は比較的年齢層が高いのですが心因性EDに関しては、年齢が高い人よりも
20~30代といった若い世代に多く見られます

精神的なプレッシャ―やストレスが要因となる心因性ED。その原因は一人一人理由が異なっています。

・長期間にわたってセックスをしていなかったため、プレッシャーになってしまった

・子作りを迫られすぎることがプレッシャーになってしまう

・家庭や仕事、友人関係様々な場所でのストレス

・セッ

障害が原因となる器質性EDとは!?

p>・セックスの失敗経験がトラウマとなって

上記のように、心因性EDとなる原因は非常に幅広く、何をきっかけとしてなってしまうかもバラバラ。
また、心因性EDを適切に治療するためには、プレッシャーならそのプレッシャーを取り除く、トラウマならトラウマを解消するといったことが必要不可欠になります。

薬剤性ED

普段は、全く問題ないという人でも特定の病気を治療している時はEDになるという事があります。
その治療の際に使う医薬品が原因となるEDのことを薬剤性EDと呼びます。

医薬品は現在では非常に幅広く、それぞれの薬の効果によってEDとなってしまいます。
例えば、気持ちを落ち着かせて興奮を抑えたり、男性ホルモンの働きを抑え勃起を阻害してしまいます。

この薬剤性EDを引きやすい医薬品は、

・末梢神経に作用する医薬品

・消化管に作用する医薬品

・循環器系に作用する医薬品

・中枢神経系に作用する医薬品

以上の4種が薬剤性EDを発症させやすいものとなります。また、ED自体は命にかかわるような障害ではないため薬を使う事でEDとなってしまう可能性があるという説明がない場合もあります。
基本的に、薬剤性EDの場合は使用している医薬品の使用を止める事で収まることも多く、病気の治療が完了すれば再び性交渉が可能になることも多い為です。

一つだけじゃない!?混合性EDとは

混合性EDとは、読んで字のごとく複数の原因が合わさっている状態のEDとなります。
特に、器質性と心因性が合わさったものを指すことが多い傾向にあります。

その理由は、実際に器質性と心因性を併発する人が多いのが理由です。
心因性EDのEDは気持ちが原因!?病を患ってしまい、勃起しづらい、勃起しない状態になってしまう。
その後、性交渉の場において大丈夫だと思っていたのに満足に性交渉を行えずにそれがトラウマとなってしまう。

こうして、器質性、心因性それぞれの原因ができてしまい混合性のEDとなってしまいます。
混合性EDの大変な所は、それぞれの原因を解消する必要があることです。
病気自体を解消しても、心因性のトラウマが残ったままでは上手く勃起することができませんし、その逆もしかり。
そのため、混合性EDとなってしまった場合には、諦めずに根気よく治療を続ける必要があります。

どんな原因でも治療は不可能ではない

対処をすすめる医者これまでに様々なEDの原因を紹介してきました。

が、そのどれもが原因から解消していくことができるものとなっています。そのため、一度EDになったからといってそこで諦めるのではなく適切に対策を行う事が大切です。

当然、EDにならないというのが一番には変わらないので今EDでないという方も、上記の原因を適切に把握したうえで、EDにならないようにしましょう。

気を付けていても、万が一EDかもしれないというような状況に陥ってしまった場合には、迷うことなく医師へ相談したり、診察を受けるようにしましょう。

状態がひどくなってしまえば、混合性のEDへとさらに悪化してしまう可能性があります。そうなってしまっては治療の時間も更に必要になるので早期発見、早期治療を目指しましょう

関連リンク

薬剤性ED

一つだけじゃない!?混合性EDとは

どんな原因でも治療は不可能ではない

関連リンク