どうしてEDになるの?4つの原因タイプ

EDの4つのタイプを紹介する医者一口にEDと言ってもその原因は実に様々です。人によっては複数の要因が複雑に絡み合ってEDを引き起こしている可能性もあります。そのため、自分でEDの原因を特定することは困難です。

ただ、EDはどういったことが原因で引き起こされるのか?知っておきたいですよね。ここでは、EDのタイプをわかりやすく紹介します!

EDは4タイプに分けられる

EDは正常に勃起できない症状を指します。ただ、EDになってしまう原因は大きく4つに分けられます。

器質性ED

血管や神経など身体に障害があることで発症するEDです。

こうしたEDは心臓や血管に疾患がある方、高血圧や糖尿病などを患っている方に発症しやすくなります。また、ペニスの海綿体周辺の血管や神経の手術が行われた場合には海綿体が損傷しますのでEDを引き起こす恐れがあります。

また、器質性EDは生活習慣病が密接しています。

不規則な生活、運動不足、偏った食生活、喫煙、飲酒、睡眠不足…こうしたことがEDを引き起こしてしまうので、日頃から健康的な生活を心掛けるようにしましょう。

機能性ED(心因性ED)

機能性EDとは、ストレス、プレッシャー、トラウマなどの精神的な理由が原因となっているEDです。

身体機能は全く問題がないものの、精神的ストレスを感じていることで興奮がペニスへ伝わらず、勃起ができなくなります。機能性EDはとくに20~30代の若い世代に多く見られます

精神的な要因なので一人一人理由は異なりますが、

・過去のセックス失敗経験がトラウマ

・長期間セックスをしていなかった

・子作りのプレッシャー

・仕事や家庭内でのストレス

・失敗したらどうしようという不安

こうした理由がある場合、機能性EDになりやすいです。また、自分で自覚していない場合もあるので、原因を特定するのは難しいです。

薬剤性ED

普段服用している医薬品の副作用によってEDを引き起こすケースがあります。こうしたEDを薬剤性EDと呼びますが、普段から治療のために薬を常用しているという方は注意が必要です。

薬剤性EDを引きやすい医薬品は、

・末梢神経に作用する医薬品

・消化管に作用する医薬品

・循環器系に作用する医薬品

・中枢神経系に作用する医薬品

上記4種類になります。

EDは直接命に関わる病気ではありませんので、市販の医薬品や医師から処方される医薬品でEDを引き起こす恐れがあるとしても説明されない場合が多いです。

そのため、薬剤性EDにならないためには自分である程度医薬品の知識を身につけることが大切といえます。

混合性ED

混合性EDとは、器質性と心因性の原因が合わさって発症するEDです。

多くの場合は、糖尿病や泌尿器系の病気を患い、それが引き金となって精神的なダメージが加わり発症します。こうした2つの原因が合わさってEDを発症することは少なくありません。

また、要因が複数絡み合っていることで、要因を特定するのは難しく、治療するためには精神面と肉体面の両方からアプローチしていく必要があります。

結局どんな原因であっても・・・

対処をすすめる医者上記で紹介したように、EDの原因とは4つのタイプに分類することができます。ただ、いずれの場合でもEDを克服することは可能です。

原因によっても治療方法は異なりますが、現在ではバイアグラのようなED治療薬もありますし、医師のカウンセリングで克服する方法もあります。

現在ではED患者を専門に診察しているクリニックもありますので、より効果的で安全に確実なED治療が行なえます。

EDは恥ずかしい…、もう年だし…というように思って諦める必要はありません

関連リンク