自分でチェック!あなたはED大丈夫?

EDかもしれないと思ってる男このサイトを見ているあなたはEDで悩んでいる、もしくはEDかもしれないと思っているでしょう。

EDについてよく知らない方からすると、「EDって勃たないことでしょ?」と考えています。しかし、EDは勃たないだけの症状ではありません。

ここのページで、あなたは本当にEDじゃないのか?それともEDなのか?チェックしましょう。

勃起できてもED!?

EDを解説する医者EDは日本語に直訳すると勃起不全です。その言葉から完全に勃起しない人のみと思われがちですが、実は勃起が出来る方でもEDの可能性があります。

そもそも、EDとは「勃起状態が不十分のため、性行為が満足にできないこと」を指します。そのため、勃起が出来たとしてもセックスで射精できなければEDと診断されます。

では、次の場合はどうでしょうか??

・たまに勃たないこともあるけど、基本的には勃つ

・オナニーでは勃起して射精できるけど、セックスでうまくいかないことがある

・昔に比べて勃起するまでの時間が長くなった

・硬さが弱くなったような気がする

上記の症状はEDに当てはまるのかどうか…?答えはイエスです。

たとえ勃起ができたとしても持続時間が短くなったり硬さが不十分であれば、それはEDです。

自分で出来るEDチェック

EDチェックをすすめる医者自分がEDなのかどうか、病院へ行けば一発で診断してくれます。しかし、EDかどうかもわからない状態で病院へ行来たくないでしょうし、軽い気持ちで調べたいだけという方のために、簡単に自分がEDなのかどうか判断できる項目を用意しました。

以下の項目は国際勃起機能スコアに基づき作成しています。

YES・NOで答えられる質問なので、すぐに判断できます。

1、勃起を維持する自信がある(YES・NO)

2、セックスの時、挿入しても勃起を維持できる(YES・NO)

3、セックスが終わるまで勃起状態をキープするのが難しい(YES・NO)

4、刺激が与えられた時毎回しっかり固くなる(YES・NO)

5、セックスで満足できたか(YES・NO)

いかがでしたか?
YESの数が0個の人はEDの心配はありません。ただ、1つでもYESがあった方はEDとなります。数が多ければ多いほど重度のEDとなりますので、速やかに病院へ行くようにしましょう。

硬さを調べよう

硬さを調べることをすすめる医者現在では、EDという言葉は広く浸透していますし、EDの症状や治療に対してある程度理解されています。上記ではEDのセルフチェックをご紹介しましたが、ここではより簡単にEDを診断できる評価スケールを紹介します。

この評価スケールは「勃起の硬さスケール(EHD)」とよばれ、自分で勃起状態を調べられるように2009年アメリカで開発されました。

グレードが0に近いほどEDは重度となります。

グレード0:ペニスは全く大きくならない(変化なし)

グレード1:ペニスは大きくなるものの、固くならない

グレード2:ペニスは硬くなるものの、挿入はできない

グレード3:ペニスは挿入できるほど硬くなるものの、完全ではない

グレード4:ペニスは硬直するほど硬くなり、セックスも満足できる

もしかして?と思ったら病院へ

患者に説明する医者誰しも自分がEDであることは認めたくないものです。ただ、そのままの状態でも症状が良くなることはありませんし、かえって悪化してしまう恐れがあります。治療時間と費用をかけないためにも、少しでもおかしいと思った場合に病院へいきましょう。

上記で紹介した勃起状態を調べるチェックシートやスケールは、あくまで目安です。ただ、実際にチェックしてみて「自分ももしかして…?」と少しでも思った場合には、専門機関で相談をしてみて、治療が必要な状態なのかどうか調べましょう。

関連リンク