要注意!該当する方はバイアグラを飲むことを見送りましょう

バイアグラのパッケージバイアグラはEDで悩む方を救ってくれる頼もしい存在です。

ただ、どんな方でも飲めるわけではありませんし、場合によってはとても危険な薬に変わってしまう恐れもあります…。

そのため、これからバイアグラを服用しようと考えている方は必ず「自分が飲んで大丈夫なのか」確認しておくようにしましょう。

バイアグラが飲めない人

多くの人はバイアグラでEDを克服していますが、なかにはバイアグラが体に合わない方が居ます。

その場合、少し副作用が出てしまったという程度であれば良いのですが、健康に大きな影響を与えてしまう恐れもあります。

手遅れにならないためにもバイアグラを飲めないケースをいくつか紹介します。

硝酸剤を服用している方

狭心症をはじめとする心臓の病気を患っていて、日頃から血圧を下げる医薬品を服用している方はバイアグラを服用できません。

硝酸剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)にはバイアグラと同じように血圧を下げる作用がありますので、併用すると急激に血圧が下がり、めまいや浮遊感、失神などを起こしてしまう恐れがあります

よって、服用することは出来ません。

極端に血圧が高い・低い方

日頃から血圧を測定していないという場合、バイアグラを服用する前に血圧を測定しておきましょう。

極度に血圧が高い・低いという場合には重篤な症状を引き起こす恐れがあります。血圧が高い場合には狭心症、脳卒中、心筋梗塞、血圧が低い場合には急激に血圧が低下を起こします

そのため、血圧の管理をしてから服用できるかどうか判断しましょう。

半年以内に脳梗塞や脳出血を起こした方

こうした既往歴がある場合には、脳の血液循環機能に障害が起こっており、血圧を低下を促す恐れがあります。

心筋梗塞や狭心症の既往歴がある

こうした既往歴がある場合、医師から性行為自体禁止されている可能性があります。というのも、性行為は心拍数や脈拍が上昇しますので心臓に大きな負担がかかります。

バイアグラそのものには心臓に負担を掛けることはありませんが、心筋梗塞や狭心症の場合にはバイアグラの併用禁忌薬である硝酸剤が処方されている可能性があるのでバイアグラは服用できません

過去にバイアグラでアレルギー症状が出た方

バイアグラを服用して、かゆみ、発疹、赤みなどのアレルギー反応を起こしたことがある方はバイアグラを服用できません

バイアグラは危険な薬なのか?

バイアグラは危険な薬なのか?について解説する医者バイアグラは世界中で服用されているお薬です。ただ、「バイアグラで死んだ人がいる」と事例から「バイアグラ=危険な薬」と思っている人が多く居ます。

しかし、考えてみて下さい。

本当にバイアグラが危険なお薬、飲めば死んでしまうというようなお薬であれば、現在日本では処方されているはずがありませんし、ここまで多くの利用者は居ません。

では、どうしてバイアグラは危険というイメージが定着してしまっているのでしょう?

バイアグラ自体は危険なお薬ではありません

十分バイアグラの知識を得た上で注文をすすめる医者それは、バイアグラが日本で発売される前に個人輸入でバイアグラを購入し、処方の知識もなく服用した方が居たからです。

バイアグラはほとんどの薬との併用がOKですが、死亡された方はたまたま狭心症の薬を服用しており、重篤な症状が出てしまったのです…。

こうした死亡事故はバイアグラだけに限らず、どんな医薬品にも起こり得ることです。

どんな薬でも事前に用法用量、注意事項を確認していれば安全に服用することが出来ます。バイアグラ自体は危険なお薬ではありませんので、今後個人輸入代行で購入を検討されている方は、十分バイアグラの知識を得た上で注文しましょう。

心配な場合には病院へ行って相談すればよいでしょう。

バイアグラが服用できなくても

過去に病気をしたことがある、現在服用中の薬がバイアグラと相性が悪い…などの理由でバイアグラを服用したくても出来ない方もいるでしょう。

ただ、バイアグラが服用できないとしてもほかのED治療薬なら服用できる場合もありますし、ED治療薬以外でもEDを克服することが出来ます。

そのため、バイアグラが飲めないからと言ってガッカリする必要はありません!!