要注意!該当する方はバイアグラを飲むことを見送りましょう

バイアグラのパッケージバイアグラはEDで悩む方を救ってくれる頼もしい存在です。

ですが、誰にとっても頼もしい存在になってくれるという言わけではありません。
その理由は、バイアグラは誰もが使えるED治療薬ではなく、使えない人がいる為です。

自分が使えるかどうか把握せずに使った場合は、最悪死に至ることもあります。

どんな医薬品であれ、副作用があります。また、薬によっては一緒に飲んではいけない薬があります。
このバイアグラにも、一緒に飲んではいけない薬や飲むのを避けたほうがいい人というのがいます。

ここでは、そうしたバイアグラを使うのを避けたほうが良いという人について紹介していきます。
これからバイアグラを服用しようと考えている方は、自分が飲んで大丈夫なのかを必ず確認て服用するようにしましょう。

どうして?バイアグラが飲めない人がいるの?

バイアグラの登場によって、EDの悩みを解消したという人は数えきれないほどいます。
しかし、全員が全員解消できているというワケでもありません。
中には、適当にバイアグラを使ってしまって効果を実感できずに、解消できなかったという人もいるでしょう。

また、バイアグラを飲んではいけないのに飲んでしまって非常に危険な状態に陥ったりなくなってしまった方もいます。
バイアグラには明確に一緒に飲んではいけない薬というのが提示されています。

一緒に飲んでしまうと、上述のように死に至ることもあるので、まずは自分がいま飲んでいる医薬品があるのであれば確認するようにしましょう。

飲んでから確認しては手遅れになることもあるので、バイアグラを飲む前に確認することが何よりも重要です。

血圧を下げる効果を持つ硝酸剤を服用している方

血圧を下げる効果がある硝酸剤を普段から使っている人は注意が必要です。
高血圧や、狭心症など血圧が上がる病気は少なくありません。
そのため、硝酸剤で血管を拡張して血流を促し血圧を下げるわけですが、バイアグラも同様に血管の拡張作用があります。

結果、二つの薬を併用してしまうと、想定以上に血管が広がり血圧が生命活動を維持するのが困難なほどに下がることがあります。

よって、硝酸剤を使っている方がバイアグラを服用することはできません。

極端に血圧が高い・低い方

バイアグラは血管を拡張させ、勃起を補助するという効果があることから、弊害として血圧が下がってしまいます。
そのため、日頃から血圧を測定していないという場合は使用前に血圧を測っておくと安心して使えます。

極端に血圧が高い・低いという場合には、上記の作用から重篤な症状を引き起こす恐れがあります。
血圧が高い場合には狭心症や脳卒中、血圧が低い場合には急激な血圧の低下を起こします

そのため、自分の血圧を把握してから服用できるかどうかを判断するようにしましょう。

半年以内に脳梗塞や脳出血を起こした方

脳梗塞や脳出血の既往歴がある場合には、脳の血液循環機能に障害が起こっており、血圧を低下を促す恐れがあります。
どちらの場合でも、危険な状態になる可能性が少なからずあるので、既往歴がある場合にはバイアグラの使用は避けるのが賢明です。

心筋梗塞や狭心症の既往歴がある

心筋梗塞や狭心症の既往歴がある場合、そもそも医師から性行為自体wp禁止されていることがあります。
心拍、脈拍共に性行為で急上昇することで、心筋梗塞や狭心症を再発してしまう可能性があるためです。

バイアグラそのものが心臓に負担を掛けることはありません。
そのためバイアグラの服用だけなら問題ないと考える人もいます。
ですが、心筋梗塞や狭心症の場合にはバイアグラの併用禁忌薬である硝酸剤が処方されている可能性があるのでバイアグラは服用できません。

過去にバイアグラでアレルギー症状が出た方

バイアグラを服用して、かゆみ、発疹、赤みなどのアレルギー反応を起こしたことがある方はバイアグラを服用できません。

アレルギー反応は、軽い場合は問題ないですが何をきっかけとして強く反応が現れるか分からない上に、アナフィラキシーの可能性もあるので非常に危険です。
ですから、アレルギー反応が出たという場合には、絶対にバイアグラの使用は控えるようにしましょう。

バイアグラは危険な薬なのか?

バイアグラは危険な薬なのか?について解説する医者これまで、バイアグラを服用することで、起きる副作用や服用を避けたほうが良い人について紹介してきました。
それだけを見ると、バイアグラは危ない薬という風に認識する人もいるかも知れません。
ですが、バイアグラは厚生労働省からも認可されているれっきとしたED治療薬です。

適切に用法用量を守り、使えるかどうかを見極めて使う事で安心して使ってもらえます。
バイアグラを使って危険な状態に陥るというのは、自己判断で用法用量を無視して服用したり、併用禁忌を知らずに服用してしまったからにすぎません。
適切な知識を身につけて、安心してバイアグラを使えるようになりましょう。

バイアグラ自体は危険なお薬ではありません

十分バイアグラの知識を得た上で注文をすすめる医者既に、説明している様に用法用量や併用禁忌を守って飲めば何も怖いことはありません。

ですが、バイアグラを使って亡くなった人がいるのも事実です。
ここで考えるべきことは、なぜなくなってしまったのか?です。

亡くなってしまった方は、狭心症の薬。すなわち硝酸剤を使っている方でした。
併用禁忌である硝酸剤を飲みながらバイアグラを使ってしまったことで、死に至ることになったわけです。

これは、バイアグラが登場して間もない時代にバイアグラについての正しい情報がほとんどないような状態で使ってしまったことが一番の原因です。
バイアグラが登場した当初は違法な輸入や販売なども多く、その結果、上記のような事態に陥ってしまった人もいるのです。
現在では、適切な知識について知っている人の方が多いですし、わからなければ病院で尋ねる事もできます

死亡事故が起きた当時に比べ、安全に利用できる環境が整っているのでバイアグラを使ってみたいけど、怖いという人は、まずは病院などで医師に相談してみてはいかがでしょうか。

どんな薬でも事前に用法用量、注意事項を確認していれば安全に服用することが出来ます。バイアグラ自体は危険なお薬ではありませんので、今後個人輸入代行で購入を検討されている方は、十分バイアグラの知識を得た上で注文しましょう。

心配な場合には病院へ行って相談すればよいでしょう。

バイアグラが服用できなくても

過去に病気をしたことがある、現在服用中の薬がバイアグラと相性が悪い…といった理由で、使いたくても使えない。

だから、EDは改善したくてもできないと考えるのは早いです。現在ではバイアグラ以外にもED治療薬はあります。
ですから、そうしたバイアグラとは違う作用でEDを改善へと導く医薬品やサプリを使うことで、勃起できるようになれるかもしれません。

バイアグラが飲めないからと言ってガッカリする必要はありません!!

関連ページ