バイアグラとお酒は一緒に飲んでも大丈夫?

セックスが好きな男性はお酒もきっと好きでしょう。もちろん、お酒が苦手でセックスは大好きという方も居ると思いますが、お酒を飲んだほろ酔い気分になると人恋しく感じますよね?特に女性の柔らかくてなめらかな肌に触れたい…そう思うことでしょう。

しかし、お酒を飲んだ後バイアグラを飲んでも大丈夫なのか!?急に体調を崩してぶっ倒れてしまったりしないか!?ちょっと気になりますよね。
基本的にお酒と薬は相性が悪そうですが、実際にはどうなのでしょうか?

バイアグラとお酒の相性

アルコール類一般的に医薬品とアルコールは相性が悪いと言われています。

というのも、医薬品には様々な成分が含まれており、アルコールを服用することで薬の効果が変わってしまったり、副作用を強めてしまう恐れがあるのです。

そのため、薬を服用するときにアルコールで流し込むというのはNGです。

しかし、バイアグラの場合はアルコールを飲んでもバイアグラの効果に影響はないとされています。よって、アルコールとバイアグラを一緒に服用しても、飲酒後にバイアグラを服用しても問題ないのです。

むしろお酒を飲む方がいい!?

酒を飲む方が効果を得られることを指摘する医者アルコールと薬は一見相性が悪いですが、実は賢く取り入れることで嬉しい効果を得られます。

というのも少量のアルコールを摂取することで、血流がよくなってペニスへ十分な血液が流れ込む、精神的な不安や緊張を緩和させてくれる作用があります

アルコールを飲むほうがバイアグラの効果を引き出せる

実際、お酒を飲むと顔が赤くなる、体が熱くなるという症状はありませんか?お酒を飲むと人と話しやすい、笑い上戸になるということはありませんか?
こういったものは全てアルコールの作用なのです!

お酒を少量飲むことでEDの原因となっている心因的要因や身体的要因を克服できます。そのため、アルコールを飲むほうがバイアグラの効果を引き出せるということです。

ただ、お酒を飲んでバイアグラを服用する時には注意も必要です!

お酒はほどほどに…

ビールお酒を飲めばバイアグラの効果を引き出せることは確かです。しかし、これは「少量飲酒した時」に限ります。

もしも、大量にアルコールを摂取してバイアグラを服用してしまうとどうなるのか?

先程もお話したようにお酒には血管を拡張して血流を促進する作用があります。バイアグラにも同じ効果がありますので、大量に飲酒するとアルコールが全身に回ってしまい、急性アルコール中毒や血管系の病気を引き起こしてしまう恐れがあります

飲みすぎてしまうと、ムラムラしても勃たなくなります

また、男性であれば一度は経験があると思いますが、お酒を飲みすぎてしまうと、ムラムラしても勃たなくなります。アルコールには脳の働きや男性機能を低下させる働きがありますので、くれぐれも飲み過ぎないようにしましょう。

つまり、バイアグラを服用するときにお酒は飲んでもいいけど飲みすぎないようにしましょう!とうことです。

人によって適量は違いますが、お酒は1~2杯であれば問題ないでしょう。少し物足りないかもしれませんが、何事も「ほどほど」がちょうどいいものなのです。