バイアグラとお酒(アルコール)は一緒に飲んでも大丈夫?

パートナーや彼女、いい感じの女性食事やお酒を楽しんだ後のさぁこれから、セックスというような時。
気になるのが、お酒とバイアグラの相性だったりします。
得てして薬というのは、お酒と相性がよくなかったりするので良い雰囲気になってきているのに、お酒を飲めないとなると不自然になってしまいます。
特に、自分がEDであるという事を言えずにバイアグラの力を借りているような時だと、バイアグラとの相性が心配でお酒を飲まないようにしていたりすると顕著になります。

普段はお酒をよく飲んでいるのに、そういう雰囲気になってきた時だけお酒を飲んでいないというのは不自然に見えてしまいます。
何もわからずに、お酒と一緒にバイアグラを使うのはまずいのではないか?と考えての行動だとは思いますが、それによって相手に不信感を抱かせてしまっては
元も子もありません。

また、何気なくお酒を飲んでいる時、良い感じに酔ってきたというような時に、人肌が恋しくなってしまうという時もあるでしょう。
そんな時、EDだし、お酒も飲んでしまっているから我慢しなければならない。
そんな風に考えてしまっていませんか?

ここではそうした人に安心してもらえるように、バイアグラとお酒の相性について紹介していきたいと思います。

ED治療薬のバイアグラはお酒との相性はどうなの?

アルコール類一般的に医薬品とアルコールは相性が良くないという認識は間違ってはいません。

アルコールを摂取している場合、医薬品の成分が本来の効果を発揮できなかったり、アルコールの作用によって効果自体が変わってしまうようなケースもあります。

更に、副作用をアルコールが強めてしまうというようなこともあるのです。

そのため、基本的には医薬品を使うときは、お酒を飲まないというのが一般的ですよね。

そうなると、バイアグラを使う時もお酒を飲んでいると、効果が変わったりすると考えるでしょう。

実はそれは、間違いなんです。

バイアグラの効果はアルコールの摂取で変化することもありません。そのため、お酒を飲んでいるからバイアグラが使えないということはありません。

お酒を飲むことによって効果を高める!?

酒を飲む方が効果を得られることを指摘する医者ED治療薬のバイアグラはお酒との相性はどうなの?.jpg 400w, http://xn--cckdb1cwj8a4ja.xyz/wp-content/uploads/2017/08/018-300x225.jpg 300w" sizes="(max-width: 400px) 100vw, 400px" />お酒と薬の相性というのは基本的には悪いという認識で間違いありません。

しかし、薬の中にはアルコールの作用が、薬の効果を更に高めるケースもあります。

というのもアルコールを摂取することによって、血行がよくなります

お酒を飲んで、顔を赤らめる。これは、血行が良くなったことによって顔の血流が多くなりその結果、顔が赤くなっている様に見えるわけです。

ED治療薬であるバイアグラは、血管を拡張して血流を促して勃起をサポートする医薬品です。

そのため、血管拡張によって、血流を促す効果とアルコールによって血行を良くする効果がそれぞれに作用することで相乗効果を期待できます。

普通にバイアグラを服用するよりも高い効果を期待できるようになるので、上手にお酒を活用していきましょう。

血行促進以外にもあるお酒の良い効果とは!?

お酒を飲んで、血流をよくすることでバイアグラの血管拡張作用との相乗効果を期待できるとお話しました。

しかし、お酒の効果はそれだけではありません。

実は、お酒を飲むことで心因的、身体的要因を克服できます。

お酒を飲むことで、気持ちが大きくなる、楽しい気分になるという人は少なくないでしょう。

そのため、お酒の効果がEDの原因となる精神的な要因を解消してくれます。

ここまで見ると、お酒とバイアグラは相乗効果を期待できるから、バイアグラを使うときは、お酒を気にせずに飲んでも構わないと考える人もいるでしょう。

ですが、お酒を飲んでバイアグラを服用する時にも注意は必要です!

お酒を飲みすぎない事がバイアグラの効果を引き上げる

ビールお酒を飲めばバイアグラの効果を引き出せることは先ほど説明した通り。しかし、これは「適度に飲酒した時」に限ります。

酩酊状態になってしまったり、記憶が無くなるほどにお酒を大量に飲んでしまった場合はどうなるのでしょうか?

お酒を飲むことによって効果を高める!?

があります。

バイアグラにも同じ効果がありますので、大量に飲酒するとアルコールが全身に回ってしまい、急性アルコール中毒や血管系の病気を引き起こしてしまう恐れがあります

そのため、バイアグラを使う時にお酒を飲みすぎないようにすることは非常に重要なポイントとなります。

効果を高めるつもりでお酒を飲んだのに、その効果が裏目に出てしまって危険な状態になってしまってはも元も子もありません。

飲みすぎてしまうと、バイアグラを使っても勃たなくなります

お酒を飲みすぎてしまうと、ムラムラしても勃たなくなってしまうことは男性であれば一度は経験があると思います。

これは、お酒のアルコールが脳の働きや男性機能を低下させるためです。

ですから、くれぐれも飲み過ぎないようにしましょう。

お酒とバイアグラの関係まとめ

薬をお酒は相性が良くないものが多いですが、バイアグラはお酒との相性は良くないわけではない。

しかし、お酒を飲むときはお酒の量によって、バイアグラの効果を高めることも下げることもある。

また、飲みすぎてしまうことによってバイアグラの効果を下げるだけでなく、危険な状態に陥ってしまうケースもあるので、十分に注意が必要。

人によってお酒の適量は違ってきますが、1~2杯であれば問題ないでしょう。

少し物足りないかもしれませんが、何事も「ほどほど」がいいものです。

関連ページ

お酒を飲みすぎない事がバイアグラの効果を引き上げる

飲みすぎてしまうと、バイアグラを使っても勃たなくなります

お酒とバイアグラの関係まとめ

関連ページ